代表挨拶

仕事とは、企業とは。

突き詰めて考えると、やはりお客様や、地域に喜んで頂くことが、何よりの存在意義であり、遣り甲斐であると考えます。

創業当初は、お客様に喜んで頂く一番の方法は、とにかく安く工事を提供させて頂くことだと考え、一生懸命取り組んでまいりました。

その為、利益を削り、職人に無理を言い、とにかく安い手間賃で作業をしてもらうことに労力を費やしておりました。

結果、どうなったかと申しますと、会社の経営状況は火の車になり、腕のいい職人は離れ、絶対にあってはならないのですが、工事の質は、ドンドン下がりました。

会社の経営が悪く、倒産すれば、お客様のアフターサービスも出来ない、売りっぱなしの会社になってしまう。どんな手間賃でも引き受けてくれる職人は、あり難いが、腕は落ちる場合が多い。手間賃も安いのでどうしても工事の質は落ちる。職人は悪気はなくても、食べていくために手間賃が安いなら、よりたくさんの物件をこなし収入を得ようとする。当然どこかで手落ちや粗い仕事になり、工事の質が落ちる。

結果、我々の目指す、地域に貢献し、お客様に喜んで頂く仕事からかけ離れてしまうという事に気づきました。

本当の意味でお客様に喜んで頂く仕事とは何なのか?!

創業以来、常に、お客様満足を考えて仕事をしてまいりました。少しずつ少しずつ、我々が目指すべき仕事に近づく方法が見えてまいりました。

やはり本当のお客様満足を得ることが出来る仕事とは、安さではなく、最高の質の工事を提供することなんだと。外装工事で一番経費が掛かるのは人件費です。、安物の塗料で、何度も手入れをするより、高耐久な材料で工事をする方が、結果、材料代の価格が上がるだけで人件費は同じであり、1度でより長く建物を保護してくれるので、ランニングコストは格段に安くなるということに気付きました。

職人にも手間賃を削るのではなく、一緒にお客様に喜んで頂く施工をする仲間なんだ、との思いで、お互いを、お客様を思いやれる関係を職人と築いていこうと取り組んでおります。

その結論が今、私どもがメインに施工しております4度塗りの光触媒塗装であり、超高耐久なシーリング材(オートンイクシード15+)を使用した施工なのです。

そして、最高の質の工事を追求する為に、さまざまな施工工程の取り組み、お客様への工事情報のご提供を考えて取り組んでおります。

やっとお客様に喜んで頂き、本当に満足いただける工事のご提供が出来るようになりましたと、自信を持って言える仕事が出来るようになりました。

仕事は、お金儲けの為にするのではない。

お客様に、喜んで頂き、地域に貢献し、職人がプライドを持って仕事が出来、職人が会社の目指すべき目標や使命に共感し、真心を持った仕事を心掛け、働く社員が働く使命を感じ日々成長していける企業こそが優良企業なんだとの思いで仕事に取り組んでまいります。


  • 長持光
  • 長持硝子
塗料の比較表
  • 外壁屋根診断
  • 雨漏り診断