• HOME
  • よくある質問

よくある質問


満足いくリフォームをするポイントは何ですか?
住みながらでも工事できますか?
家はどうして塗装するのですか?
なぜ壁にひび割れが起こるのでしょうか
塗装工事を行う季節はいつ頃がよいのでしょうか
新築時と外壁や屋根の色が随分違うように思うのですがこれは塗装時期?
外壁塗装は見た目がそんなに気にならなければ必要ないですか?
見積もりをお願いしたら、必ず工事を依頼しなければいけませんか?
工事期間中、雨が降っても大丈夫ですか
屋根工事は何日くらいかかりますか?
屋根のリフォームってどんなことをしますか?
瓦屋根は高いって本当ですか?
屋根の修理、自分でやっても大丈夫ですか?

満足いくリフォームをするポイントは何ですか?
現在の住まいへの不満を書いてチェックシートをつくるのをおすすめします。
漠然としたものが整理されて、リフォームする箇所の優先順位や配分も決めやすくなります。また、リフォーム雑誌や本・インターネットなどで情報を収集して、イメージを伝えやすい写真などがあれば切りとったり、プリントアウトするなどして打合せに活用してください。
top.jpg

住みながらでも工事できますか?
一戸建てでも集合住宅でも住みながらで大丈夫です。大がかりなリフォームの場合でも、部屋毎や1、2階に分けて工事したりできます。ただし、水まわり等の工事では、数日間キッチンやお風呂が使えなかったりという不便な面はでてきますので、仮設工事をするなど考慮しておく必要はあります。
top.jpg

家はどうして塗装するのですか?
建物を保護するためです。家を塗装するのは、カラフルな色で美観をつくりだすと同時に、壁や柱が腐食してしまうのを防ぐためなのです。塗装されていなければ直ぐに家が傷みます。自然環境から建物を保護する際に、最も大きな要素となるのは塗装です。
top.jpg

なぜ壁にひび割れが起こるのでしょうか?
外壁のひび割れは原因が多様で、一概に原因を即答するのは難しく、原因によっては補修程度の処理ではすまない場合もあります。原因としては、下記のようなことがあげられます。
1.不同沈下、地盤沈下
2.地震の揺れ
3.躯体材の乾燥による収縮
4.下地材の反り
5.防水紙またはラス網の不良
6.モルタルの施工不良(乾燥養生期間、降雨、極度な直射日光など)
7.モルタルの凍結融解等による硬化不良
8.モルタルの収縮
9.材料の調合不良このように様々なことが原因でひび割れが生じますが、その理由はひとつではなく複合的な要素が重なって生じることもあります。
ひび割れが目立ってきた場合には、専門業者に相談しましょう。
top.jpg

塗装工事を行う季節はいつ頃がよいのでしょうか?
塗装で良好とされる環境基準は、気温5℃以上、湿度85%以下です。
正直なところ、地域によって異なります。
top.jpg

新築時と外壁や屋根の色が随分違うように思うのですがこれは塗装時期?
屋根・外壁ともに劣化原因の多くは太陽光(紫外線)が原因です。一概には言えませんが、明らかに変色している場合や、壁をさわって白いチョークのような粉が手に着いたら、塗装のサインですので、塗装をおすすめします。
top.jpg

外壁塗装は見た目がそんなに気にならなければ必要ないですか?
外壁自体に問題はなくとも、雨樋や軒天、シーリング材など、普段はあまり目につくことのない付帯部が傷んでいる可能性があります。放置しておくと雨漏りなどの原因となることもありますので、一度付帯部も含めた総合的なチェックができる専門業者による診断をおすすめします。
top.jpg

見積もりをお願いしたら、必ず工事を依頼しなければいけませんか?
いいえ、工事をご依頼していただく必要はございません。
ご相談、またはお見積もりをご覧いただき、ご納得いただきまして弊社に依頼したい!とお思いになられました時だけで大丈夫です。
しつこく工事を迫ることはありません、ご安心ください。
top.jpg

工事期間中、雨が降っても大丈夫ですか?
問題ありません。
若干、工事日数が延びることは前もってお知らせ致しますので、ご容赦ください
top.jpg

屋根工事は何日くらいかかりますか?
内容や建物の状況によって違ってきますが、工期は和形瓦で屋根面積の大きいお宅だと2~3週間、一般的な大きさのお宅で10日~2週間、平板瓦の場合は4日~1週間というのが目安です。
現場の状況・天候によって期間が増加する場合がございます。
top.jpg

屋根のリフォームってどんなことをしますか?
お住まいの状態により、葺き替え、補修、塗装などを行います。
瓦の状態だけではなく、下地の状態などをよく確認する必要があります。
元々の屋根材を撤去して葺き替える場合もあれば、現在の平板スレート瓦やカラーベストなどの上に重ねて施工する「カバー工法(重ね葺き)」など、屋根材によってもいろいろと違いがあります。
top.jpg

瓦屋根は高いって本当ですか?
これは、屋根の価格を最終的にどのように考えるかの問題です。
屋根は非常に息の長い「商品」です。瓦屋根の商品の寿命は、ふつう30年といわれていますので、それを基準に考えると、その価格の中に次のようなものが含まれているのが分かります。
・新築(あるいはリフォーム)時の屋根の代金(材料費と屋根工事費、いわゆるイニシャル・コスト)
・メンテナンス費(30年間の間に必要とされる改修費、補修・修理費)・冷暖房費など30年間に必要とされるエネルギー費高い、安いという議論は、これらすべてを合計した上で比較しないと正確な所は判断できません。
瓦屋根は高いというご指摘は、おそらく上記の内のイニシャル・コストだけを比較しているものと考えられます。瓦屋根は、金属系やスレートの屋根に比べ、多少の割高(10%~20%程度)になりますが、メンテナンス費、エネルギー費については、断然他の屋根材を引き離し、合計の差し引きでは、むしろ「安く」なります。
top.jpg

屋根の修理、自分でやっても大丈夫ですか?
お気持ちは分からないではありませんが、屋根の工事は、たとえ瓦4~5枚程度の修理でも、素人にできるほど簡単なものではありません。
厳密に言うと、国家資格(瓦葺技能士、瓦屋根工事技士等)の必要な高度な技術を必要とする仕事です。
第一、何かの拍子で滑落して大ケガを負ったりしたら、元も子もありません。
また、瓦屋根の上の歩き方も知らないまま動き回ったりすれば、5~6枚で済むはずの瓦が、踏み割れなどによってかえって数が増えて、収拾がつかなくなってしまいます。
プロにはプロしかできない、素人では踏み越えることのできない世界があります。専門の工事業者にまかせるのが、結局おトクで安上がり、きれいに仕上げる一番の安全策です。
top.jpg

  • 長持光
  • 長持硝子
塗料の比較表
  • 外壁屋根診断
  • 雨漏り診断