瀬戸市 K様邸 外壁光触媒塗装

お客様のご要望 外壁の傷みとかがあるのは感じていたので、新築みたいにきれいにしたい。
20170910ksamasetomidashi01.JPG
事例

 施工事例データ

施工箇所 外壁、付帯部、コーキング、ベランダ
施工内容 外壁・付帯部光触媒塗装、縦目地横目地コーキング打ち替え、窓回りコーキング増し打ち、ベランダ床防水トップコート
使用商材 (外壁)アートフレッシュ・パーフェクトトップ、(付帯部)SK化研クリーンマイルドシリコン、(光触媒)NPコーポレーション・光触媒、オート化学工業オートインクシード
工期 20日

ご提案内容 外壁がジョリパッド部分とリシン部分があったのでそれぞれ適切な塗料を使い、プラスして光触媒塗装をすることで通常の耐久年数よりはるかに長い外壁で綺麗にしていきます。
施工前はこちら

20170910ksamasetomae01.JPG 20170910ksamasetomae02.JPG 20170910ksamasetomae03.JPG
外壁は全体的に白くぼやけた感じに劣化しています。 ベランダ部分などの色あせなどが目立ちます。 コーキングの傷みで割れてしまっています。
20170910ksamasetomae04.JPG
外壁の劣化により一部剥離が見られます。こういったところから外壁内に浸水が始まります。

施工中の様子

20170910ksamasetochu01.JPG 20170910ksamasetochu02.JPG 20170910ksamasetochu03.JPG
高圧洗浄で外壁に生えたコケやチョーキングなどをキレイにしていきます。これにより次の塗装がしっかりと接着するようになります。 縦目地、横目地のコーキングはすべて撤去し打ち直します。あまり傷んでいないからと打ち替えをしないままでいるとコーキングを所々変えなければいけなくなるのでかえって手間になります。 窓回りなどは全体的にコーキングの傷みも少なく、耐久性もあるものなので、増し打ちでしっかりとこれからの耐候につながるようにします。
20170910ksamasetochu04.JPG 20170910ksamasetochu05.JPG 20170910ksamasetochu06.JPG
外壁の養生はしっかりと、塗装が不要なところにつかないようにしていきます。 外壁塗装1回目です。ジョリパット部分は塗装がまんべんなくしっかりと接着するようにシーリングを塗っていきます。 外壁塗装2回目です。ジョリパットの素材感を生かした塗料を使い(アートフレッシュ)、凹凸にしっかりと色が付くようにローラーも適切なものを使い塗装していきます。
20170910ksamasetochu07.JPG 20170910ksamasetochu08.JPG
外壁塗装3回目です。際の部分などの細かいところは刷毛で塗装します。 最後は光触媒塗装で外壁や付帯部などすべてにコーティングしていきます。これにより通常よりも綺麗な状態が長持ちします。


施工が完了しました

20170910ksamasetogo01.JPG 20170910ksamasetogo02.JPG
新築のようにはっきりした色合いのお家になりました。 施工前のお写真と見比べていただけると色がはっきりとして綺麗になっているのがわかると思います。

外壁塗装事例一覧はこちら
施工事例一覧はこちら

  • 長持光
  • 長持硝子
塗料の比較表
  • 外壁屋根診断
  • 雨漏り診断